経営理念

「我々は社会の光となります」
弊社は「光」が単に空間や品物を照らすだけでなく、人の心も照らし、生活を豊かにできるよう、
我々自身が輝き皆様のくらしや地域を支えていきたいと思っています。

沿革

1937年(昭和12年)
鉄工業創立
1955年(昭和30年)
特殊照明器具製造開始
1971年(昭和46年)
株式会社 光製作所を 設立し同時に社名変更
1972年(昭和47年)
乙種電気用品製造事業認可 通産大臣登録№47省庁第22625号
2002年(平成14年)
KES(京都環境マネジメントシステム) STEP1 認証取得 認証番号KES1-0069

 

代表メッセージ

我が社は戦前の昭和12年の創業です。神社仏閣の灯篭や、バス停の標識、看板の製作、そして現在は大型照明器具や精密機械部品を生産するまでとなりました。
創業以来、大阪市東成区で、ものづくりに従事し、微力ながら地域の発展に貢献してきたと思っております。このご時世、人口増加と共にまわりに住宅も増え、工場として存在することが厳しい時代となりました。しかし地域の方々と共に成長し発展することでこれからも何らかのお役に立ちたいと思っております。
現在、我が社は金属加工を中心に単品試作から量産品まで対応しております。溶接や板金技術を活かし、顧客にも技術提案ができる会社として信頼を頂いております。今後は更にその技術を活かし自社製品の開発にも着手していくつもりです。技術はもとより我が社の強みは会社の雰囲気そして社員の笑顔です。何事にも前向きに、あきらめず取り組んでいる姿は、どこにも負けないと思っています。
地域になくてはならない会社、そして世の中を照らす存在になり続けることができるよう、今後も努力し続けたいと思っております。大阪、そして日本に笑顔があふれる社会づくりに貢献していきます。

井上吉史